大きいサイズの車の値引き方

自動車の値引きがプチブームになっていますが、実はサイズによって若干値引き方法が変わってきます。

というのも、軽自動車はサイズが小さいですが、そのぶん本体価格も安く、値引き額が小さくなりやすいです。同じ1割引きでも軽自動車の方が値引き額が少なくなるわけです。なので一見すると値引きが効きにくいように思えますが、割合でみるとそれなりに値引きされていることがあります。

いっぽう、大きいサイズの車は値段が高いので、ある程度値引きできたな、と思っても割合でいったら層でもない場合があります。たとえばフリードの場合、本体価格が300万程度するので、20万円引きでは1割引きに届きません。つまり軽自動車でいったら6~7万しか値引きできていないことになるのです。

従って、大きいサイズの値引きをする場合は値引き額ではなく、割合で判断するべきです。先ほどのフリード値引きの場合でいえば、30~40万円引きは獲得したいところです。ただ、車の人気度によっても値引き額は変わってくるので、値引きの渋いフリードなどの場合は結局20万円引き程度がせいぜいでしょう。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ