トヨタミニバンの車種は多い

日本の自動車市場において、ミニバンはかなりの勢力を占めています。これは海外ではない現象で、コンパクトカーなみの売り上げとなっています。国土が狭く道幅も狭い傾向があるのでビッグサイズの車が売れにくい傾向があるのですが、ミニバンは長細いカタチなので大量の乗員を乗せて、なおかつ狭い道をスイスイ走るのに適しているのがミニバンなのです。

とはいえ、全てのメーカーが儲かっているかというとそうでもなく、トヨタの一人勝ち状態となっています。トヨタは多種多様なミニバンを5車種も発売しており、さまざまなジャンルの人を取り込んでいます。家族向けや高齢者向けなどの選択肢があるので、アピールしやすいのです。ハイブリッドもいち早く導入してエコ志向の強いドライバーもとりこんでいます。

一方、ホンダや日産は苦戦しています。今や燃費性能はミニバンでも20km/リットル以上ないと勝負にならない時代になり、ハイブリッドでない車種しかない日産は特に苦しんでいます。今後はハイブリッドの車種も発売されるようなので、どのような展開になるか楽しみではあります。
アルファードの値引きはしやすい

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ